楕円虚の家
おおらかな寄せ棟屋根に空いた楕円の庭と建築短辺に面する矩形の庭を持つ住宅。区画整理された隣地に対し閉じられた建築は、この2つの庭により光、風、緑の息吹を取り込む。庭のテーマは母屋のようにどっしりとした建築に埋もれないようミニマルな形態にすること、かつムーブメントを加えること。楕円の庭には枝の曲がった山採りのコハウチワカエデとイロハモミジ、常緑のソヨゴが垂直的なファサードと対比的に用いられた。水面に映る枝葉や影、流れる雲が時の移ろいを感じさせる。矩形の庭は居間に面した坪庭的な表情と公道に面した来客用駐車場との相反する2つの機能を、市松模様のグラデーションによりワンゼスチャーで構成をした。
竣工 2009年7月
面積 約730m2
所在地 福島県いわき市
建築 坂茂建築設計
種別 個人住宅
  JPN / ENG