尼崎パーキングエリア
阪神高速3号線・神戸線上りの高架上にあるパーキングエリア。 およそ270mに及ぶ緑のスクリーンの実現と、高架上での良好な植栽基盤の確保による緑の充実を目指した。細長い敷地に沿う緑のスクリーンは、駐車スペースに面するエリアや建物の背後にあり室内から間近に見られるエリア、また人が集まる憩いの場に面するエリアなど、ここでの様々なシーンを横断する重要な景観要素となる。スクリーンを構成するつる植物は常緑性とし、シーンに応じて複数の種類を混植することで多様な表情と彩をを見せる。既存躯体上における限られた植栽基盤でありながら、高架上であることを忘れてしまうような木漏れ日の風景を提供している。
竣工 2019年3月
面積 7130m2
所在地 兵庫県尼崎市
建築 納谷建築設計事務所
照明 岩井達弥光景デザイン
種別 交通施設