リビエラ逗子マリーナ マリブホテル・マリブファーム

日本とは思えないマリーナリゾートの空気感を庭の風合いや色彩により表現をした。敷地はヤシの木越しに江ノ島や富士山を望むマリーナに面する。この開放的な魅力は庭の水盤を介して海と連続し顕在化される。屋外テラスは水盤との高低差や距離感にバリエーションを設けて場所毎に異なる視点で海の眺めを楽しめる。またオーナーの所有する20世紀初頭に建造された木造帆船の改修に伴い残された歴史ある船材を象徴的に用いた。既設の施設群の中に紺碧の水盤と草花がなびく新旧織り重なる新たな顔が加わった。

竣工 2020年2月
面積 4500m2
所在地 神奈川県逗子市
建築 久米設計
照明 ヌーサデザイン
種別 宿泊・商業施設